下肢静脈瘤は早めに治療を行えば必ず改善できる!

症状に合わせた下肢静脈瘤の治療・改善をしよう

下肢静脈瘤は早めに治療を行えば必ず改善できる!

看護師

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤とは、血流が滞ることによって、足の血管がこぶ状に浮き上がってしまう病気です。命に危険を及ぼすわけではありせん。しかし、症状が悪化すると皮膚が壊死したり、肺動脈血栓症などの合併症を引き起こしたりする可能性があります。

医者と看護師

種類と治療法

下肢静脈瘤は原因によって、一次性静脈瘤と二次性静脈瘤に分けることができます。一次性静脈瘤の場合は保存的治療・手術による治療があります。二次性静脈瘤の場合は、内科的治療を行っていきます。

女性

症状の改善

症状の改善や治療は、下肢静脈瘤の治療を専門的にしているクリニックで行うことができます。また、ふくらはぎの筋肉を使うウォーキングや水泳、ヨガなどの運動によって血流を促し、症状を改善することができます。

病院

間違いやすい症状とは?

下肢静脈瘤は、発症するとむくみやだるさを感じますが、間違えやすい症状があります。足のしびれ・冷えは下肢静脈瘤の場合、症状としてはほとんど現れません。合併症により痛みを感じることもありますが、歩行困難になるほどではありません。もしこのような症状が出ている場合には、別の病気である可能性があります。

下肢静脈瘤の症状をチェック

  • 足のむくみ・だるさ
  • 明け方に起こるこむらがえり
  • 細い血管が浮き出る
  • 太い血管がこぶ状に浮き出る
  • 色素沈着
  • 皮膚炎

広告募集中